BLOGブログ

肩こり、腰痛を根本的に解消するストレッチの方法は?

肩こり腰痛の割合は?

 

こんにちは、文京区、丸の内線茗荷谷にお店があるストレッチ専門店のNATSUKIです。

 

肩こり腰痛になっている方は、日本ではどのくらいの割合がいると思いますか?

 

30代40代の5000人を対象にアンケートを取ったデータを調べてみると

 

肩こり73.5%

腰痛67.0%

 

が悩んでいると言う結果になりました。

 

簡単に言うと2人に1人は肩こり腰痛だと言う事です。

 

肩こり腰痛になる心当たりはありますか?

 

肩こり腰痛になってしまう原因が必ずあるはずです。

 

みなさんは原因になる心当たりを思い出してみてください。

 

当サロンにいらっしゃる方に、カウンセリング時にお話を伺うと

 

「猫背の姿勢だから」

「デスクワークで背中を丸めているから」

「仕事が忙しいから」

「立ち姿の姿勢が悪いから」

「ストレートネックだから」

「反り腰だから」

「腹筋背筋の筋肉のバランスが悪いから」

 

などなど色々な原因を言われます。

 

しかし、これは根本の原因ではありません。

 

肩こり、腰痛の根本の原因は?

 

背中が丸まっていても、腰が反っていても、腹筋背筋に筋肉の強さのバランスが違っても

 

実はあまり影響が無いです。

 

では、何が影響しているのでしょうか?

 

それは、「筋肉を伸縮させていない」からです。

 

痛みが発生するのは、打撲や筋断裂などの外傷でなければ

 

筋肉が縮み硬くなり、血流が悪くなると痛みの物質が発生してきます。

 

それが、筋肉に入り込んで、うまくケアできていないと

 

慢性の肩こり、腰痛になります。

 

猫背になっている、デスクワークだから、腹筋背筋のバランスが

 

ではなく、体を動かす事が日常的に少なくなり

 

筋肉の伸縮が行われないと痛みの物質が筋肉から吐き出されないので

 

肩こり、腰痛になります。

 

どんなケアをしていますか?

 

肩を回してみる

 

マッサージで揉んでみる

 

シップを貼ってみる

 

鍼をやってみる

 

整体に行く

 

などありますが、当ストレッチサロンにいらっしゃる方達に

 

「上記の内容を行ってどうでしたか?」

 

とお聞きすると

 

「その場は、スッキリするけど直ぐに元に戻ってしまう、、、」

 

と言われます。

 

整体やマッサージでは根本改善はなぜしないの?

まず、湿布ですが、湿布は皮膚に貼り、皮膚から薬を吸収させて痛みの物質にくっ付き

 

痛みを感じさせなくする方法です。

 

ただこれでは、筋肉は縮んで硬い状態は変わらないので、

 

また直ぐに痛みの物質が発生してきてしまいます。

 

対処療法というものです。

 

整体、鍼灸、マッサージは、主に筋肉を緩める事がメインになります。

 

筋肉が緩んでも、引っ張る動作が入らないと、筋肉の伸縮機能が回復しないので

 

また直ぐに筋肉が硬くなり痛みの物質が発生してきてしまいます。

 

整体に限っては、そのお店によって何をするかがバラバラなので

 

まずは行ってみないとわからないです。

 

根本改善するにはどうすれば良いの?

 

ズバリそれは

 

「ストレッチです」

 

ここで最初に理解して頂きたいのは、筋繊維の話です。

 

例えば、腰の筋肉が一本のゴムでできているわけではなく

 

一個一個の筋繊維が繋がって一本になっています。

 

現在の腰の筋肉が5個の筋繊維で繋がっているとしたら

 

5個分の筋繊維が縮んでいる状態です。

 

まずできる事は、ストレッチで伸ばすことで、5個分の正しい長さまで戻せます。

 

これだけでも、体は軽くなった感じはありますが

 

まだまだ根本改善までにはなっていません。

 

一回やっただけで放置したら、また縮んで硬くなってしまいます。

 

人間の体の機能で「ホメオスタシス」という

 

長くいた環境が正しい環境となり、元に戻ろうとする機能です。

 

縮んで硬くなっているのが当たり前の環境なら

 

その環境に戻ろうとするのが、最初は強くなります。

 

できるだけ、小まめに毎日コツコツ行うと

 

ホメオスタシスの機能も、伸びていて緩んだ状態の位置が当たり前の環境に順応して

 

きてくれます。

 

毎日コツコツストレッチをする効果としてもう一つあります。

 

毎回伸ばす刺激を与える事で、脳がこんなに毎日伸ばされたら

 

「今の筋繊維の数では長さが足りない」

 

となり、筋繊維を増やして成長させて筋肉の長さを長くしてくれます。

 

「ホメオスタシスの改善」

「筋繊維の増殖」

 

といった二つの効果をストレッチで出すことで

 

筋肉の伸縮が日常生活でも大きくできるようになり

 

「痛みの物質が筋肉から常に排出される」

「血流が常に良くなり、痛みの物質が発生しなくなる」

 

といった体の体質改善に繋がります。

 

ここまで持っていければ根本改善になります。

 

どんなストレッチをすれば良いの?

 

肩こりでしたら

 

僧帽筋

①手を後ろに回す

②頭を横に倒す

③突っ張るところまで引っ張り10秒ストレッチを3セット

肩が上がらないようにするのばポイント

左右行ってください。

胸鎖乳突筋

①手を後ろに回す

②横を向いてから上を向く

③突っ張るところまで引っ張り10秒ストレッチを3セット

肩が上がらないようにするのばポイント

左右行ってください。

をまずはストレッチしてみて変化を感じてみてください。

 

これだけでも楽になります。

 

腰痛は、

 

臀筋

①足を四の字に乗せる

②胸を張り、背筋を真っ直ぐにキープし、前に倒れる

③突っ張るところまで引っ張り10秒ストレッチを3セット

背中を丸めないで真っ直ぐキープするのがポイント

左右行ってください。

腰方形筋

①足を開き、骨盤を固定します。

②手を耳につけて、体を横に倒します。

③突っ張るところまで引っ張り10秒ストレッチを3セット

お尻が浮かないようにするのがポイント

左右行ってください。

のストレッチをまずは行ってください。

 

他にも色々な部位のストレッチをしたら良いことはわかっています。

 

しかし、脳の観点から考えると

 

ストレッチの部位が、最初からたくさん増えれば増えるほど

 

「こんなにできるかな?」

 

「めんどくさい」

 

「やってる時間ないよ」

 

など脳はストレスを感じます。

 

脳のストレスは、拒否行動に移るので

 

最初から、色々な部位をストレッチするのでなく、

 

簡単で、時間が短く、少ない部位

 

からスタートするのがおすすめです。

 

もしかして、こんなストレッチしてませんか?

 

みなさまが一般的に知っているストレッチは

 

ある程度ちょっと痛いところまで伸ばしてキープするストレッチかと思います。

 

最近広まっているストレッチ専門店もそのやり方がベースになっています。

 

しかし、脳と筋肉の反応としては、脳が痛いと感じると筋肉を縮めて守る

 

という「防衛反応」は発動します。

 

この防衛反応が発動すると、せっかく伸ばしたいのに、縮まる逆の反応になり

 

効率が悪く逆効果になります。

 

それでも無理矢理伸ばしていくのが従来のストレッチ方法です。

 

この痛みを感じながら伸ばすのが嫌でストレッチをやらなくなる方も多いです。

 

まさしくストレスを感じて拒否行動になっています。

 

私NTSUKIが考えた脳科学ストレッチは

 

痛くない方向や痛くないスピードを探しながら伸ばして行く方法でストレッチしていきます。

 

やり方としては

 

①突っ張るところまで伸ばしたら、1センチほど戻します。

②伸ばしたい筋肉を軽く揉んで緩ませます。

③「だら〜ん」をイメージしながら伸ばし10秒キープします。

 

これをやるだけで、痛くなく伸ばせます。

 

また、従来のストレッチに比べて、縮まる事がないので、その分早く伸びてくれます。

 

痛くなく、即効性が期待できるのば「脳科学ストレッチ」です。

 

セルフストレッチとパーソナルストレッチどちらが効果的?

 

セルフストレッチはご自身でストレッチする方法で

 

パーソナルストレッチは誰かに手伝ってもらってストレッチする方法です。

 

どちらが効果的かというと、だんぜんパーソナルストレッチです。

 

違いとしては

 

ストレッチを最大限の効果を出すためには、どれだけ脱力できるかです。

 

セルフストレッチ

 

ストレッチのフォームを作り動作をする時に、何かしら力が入り筋肉が縮んでしまいます。

 

これでは脱力がしづらくなります。

 

パーソナルストレッチ

 

受ける側は、寝ているだけで良いので、最大限の脱力した状態でストレッチできます。

 

この違いから、早く効果を出して、体を楽にしたいなら

 

パーソナルストレッチをお勧めします。

 

ビーキューブストレッチサロンの通い方は?

 

当サロンでは、12回プログラムをメインで行っています。

 

一回受けただけでは、筋繊維が増えていかないので根本改善にならないからです。

 

通い方は、最初は週1から二週間に1回のペースで

 

だんだん筋繊維が増えてきて動きがスムーズになってきたらペースを落としていきます。

 

最終的に12回終わる頃には、筋繊維が増えて筋肉が大きく伸縮できるベースができます。

 

ここまでくれば、ご自身でのセルフストレッチだけでも快適な体をキープできるようになります。

 

もちろん、セルフストレッチのやり方も、その方にあった部位ややり方をお伝えいたします。

 

辛い時だけ整体やマッサージに通っていて

 

根本改善しないのであれば

 

一回集中して、体のベースを作ってあげるのが

 

体を快適に保てる一番の近道です。

 

当サロンでは、初回の体験ストレッチメニューがありますので

 

まずは、初回体験でご予約ください。

 

あなたの肩こり腰痛が解消するようサポートいたしますので

 

サロンにてお待ちしております。

 

================

痛くないストレッチでカラダのバランスをサポート

ストレッチ専門店

[B3(ビーキューブ)ストレッチサロン]

112-0012

東京都文京区大塚36ラ・トゥ-ル小石川1B

070-5013-6321

ストレッチ專門店ビーキューブは

「大手町、淡路町、御茶ノ水、本郷三丁目、後楽園、茗荷谷、新大塚、池袋」

からもお越し頂いております。

================

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初回体験のお申し込み

カウンセリング・姿勢チェック・身体の不調な箇所や悩みをヒアリング
簡単なストレッチを体験できます

通常価格60分/15,000円→4,980円

CAMPAIGNキャンペーン

WEBからの予約やLINE、サイトを見て
初回体験をお申込みされた場合

12回プログラム通常価格/180,000円→153,000円

ご予約

お電話と予約専用サイトでご予約を受け付けております。
お気軽にご連絡ください。

施術中は留守電になります。
お名前、ご予約希望日時、電話番号のメッセージをお残し頂けますと070の番号より折り返しお電話致します。

ACCESSアクセス

〒112-0012
東京都文京区大塚3-1-6 ラ・トゥール小石川1B
受付時間 10:00~23:00 / 定休:不定期

《電車の場合》
丸の内線茗荷谷駅を出て春日通を左に曲がり窪町小学校を手前に右に曲がって約2分。